うつチェックの申し込み【家族を救うための大切な方法】

女性

心の病になってしまったら

医者

自己診断してから病院へ

インターネットのうつ診断サイトを使えば、簡単に病気かどうかのチェックができます。もし自分がうつかもしれないと感じたら、まずそこで自己診断をしてみましょう。医療機関を受診する前にこうしたサイトを使うことで、自己診断できる以外にも病気の情報を整理できるメリットがあります。診断で出た症状をメモしておけば、病院で問診を受ける時に病状を伝え損ねることがありません。そうすれば、より病気についての正確な診断をあおぐことができます。病気で弱っている時ほど、自分自身を客観的にみたり冷静な判断ができなかったりすることが多い物です。まして心の病にかかっていたとなれば、なおそうならざるをえません。そんな極限の状態で、医師の問診に的確に答えることは到底できないはずです。その部分を補う意味でも、うつの診断をサイトでおこなうことはメリットがあります。また最悪の場合メモすらとれない精神状態になっていても、サイトで診断した結果はスクリーンショットやメールなどで共有して残すことも不可能ではありません。そんな使い方もできるので、サイトを利用したうつのチェックはおすすめできるというわけです。チェック診断でうつと結果が出たら、次は実際に心療内科を受診しなくてはいけなくなります。はじめの第一歩を踏み出すのは勇気が要りますが、くじけずに進んでいってください。なお心療内科を受診するには、事前の予約が必要なことが多いようです。予約は電話以外にもメールで受け付けていることがあるので、自分でやりやすい方法で病院に予約を入れるようにしましょう。その場合はあらかじめ自分のスケジュールをチェックしておくと、スムーズに予約を入れることができます。予約の日時も患者側に合わせてくれることが多いので、遠慮なく自分の都合のいい日を伝えてかまいません。他にも仕事をしている方は、有給をとってから医療機関を受診するようにしましょう。これは仕事にいかなくてはならないという強迫観念から、予約をすっぽかしてしまうのを避けるためにも必要です。とにかくうつのチェックをして治療に入るまで最低で数日間かかる可能性もあるので、その期間はホットラインや掲示板を利用したりして乗り切るようにしましょう。