うつチェックの申し込み【家族を救うための大切な方法】

女性

心の健康維持に大切なこと

病院

受診と定期的な確認

現代病として認知されるようになってきたうつ病は誰にでも起こりうる可能性がある極めて身近な病です。自分の周囲にもその傾向がある人や治療中の人がいるという場合もあるでしょう。しかし、実際に自分にもその傾向が出てきた場合心療内科や精神科を受診するということは分かっても、一体どれくらいの費用が必要なのかは分からない人も少なくはありません。診療報酬の設定は病院毎に自由に設定することができるので一律ではありませんがやはり相場は存在します。まず、初めて受診する際には当然初診料がかかりますので少々高めになりますが、うつ病の進行度をチェックする以外にも必要と診断されればお薬を処方されます。その他にもお薬の処方のために採血がある場合もありますので何を行うかで費用は変わってきます。チェックだけを行った場合でも初診料や心理検査料で3000円前後、採血やお薬の処方があった場合では5000円前後が相場になります。また、自立支援や福祉手帳などのための診断書の作成は5000円や7000円などそれぞれ費用が異なる場合もありますのでその都度確認しましょう。昨今では職場でのストレスチェックなども実施されるようになりましたが、まだまだそうした取り組みが必要だと感じている企業は少ないのが現状です。また、自分がまさかうつ病になるとは考えてもいないという人も少なくはなく、知らず知らずのうちにうつに悩まされているケースが増えています。うつ病は状態が深刻化する前に治療を始めると回復も早くなりますし、繰り返して症状が現れることも少なくなります。逆に重症化してからでは治療しても中々回復に向かいませんし、繰り返してしまう可能性も高くなります。そうならないためにもまさか自分がと思わずに定期的にチェックすることは重要なことだと言えます。心療内科などを受診するのも良いですが、例えばインターネットなどでは精神病専門のサイトや製薬会社などが運営するサイトでセルフチェックを行うことができます。これらを利用することで日常的に自分の精神状態をチェックすることができますので状態の変化を知ることもできます。セルフチェックによる診断結果によっては受診を促すメッセージが表示されますので、その際には受診すると良いのではないでしょうか。